排気ガスソリューションとエネルギー活用技術を提供する 株式会社 ACR

ACR DPF(粒子状物質減少装置)

●高い高いPM捕集効率(80%以上)
●優れた耐久性
●高い汎用搭載性
●軽量コンパクト

ディーゼル自動車をクリーンに

ディーゼルエンジンから排出される粒子状物質(黒煙)を電気ヒーター内蔵のフィルタで捕集し、電熱により強制的に燃焼させる装置です。また、PM捕集率:80%以上の高い捕集率を持っており、触媒では対応の難しい硫黄分の多い燃料を使用したエンジンに最適です。

ACR DPFシステムの構造

dpf_img01 combustion_img02

1)フィルタ構造

形状保持金網、SIC繊維フィルタ、電気ヒーター金網で構成され、蛇腹の筒状に織り込む事で捕集体積を増加しながらも小型化を図っています。
dpf_img02 dpf_img03

2)フィルタユニット構造

電気ヒーター内蔵のSIC繊維フィルタ3本を1体化したノーマルマフラー互換構造により、コンパクトで高い汎用搭載性を有しています。

システム

システム本体は、排気管に設置し、排気ガス制御弁にてフィルタユニットへの排気ガスの流入を切替え、捕集・再生するフィルタを順次切替えます。再生するフィルタは、内蔵したヒーターにより、捕集したPMを焼却し、フィルタの目詰まりを解消するため、連続的に捕集運転を行うことが可能です。
黒煙などの捕集と、電気ヒーターによる強制再生を交互に行い連続した運転が可能です。

ACR DPFの概要

dpf_img04

ACR DPF仕様

シリーズ1シリーズ2シリーズ3シリーズ4シリーズ
排気量16~32L9~15L6~8L3~5L
寸法外形(φ)340340290250
全長(㎜)1,070890890780
重量(kg)43382823
※本装置はアペックスDPFとして八都県市指定装置の認定を取得しています。
pdf_download shop_info