排気ガスソリューションとエネルギー活用技術を提供する 株式会社 ACR

尿素SCRシステムUREA Selective Catalytic Reduction

世界中で排気ガス規制の強化が進み、エンジン制御だけでは窒素酸化物(NOx)、粒子状物質(PM)、燃費のバランスをとることが難しく、尿素SCRシステムは必須アイテムとなりました。
ACRは長年培ったエンジン技術及び排ガス処理技術をもとに開発した尿素SCRシステムをご提供し、大気改善やCO2削減に貢献いたします。
ureascr_img

新開発!エアーレス式尿素噴射システム

独自の尿素噴射ノズル構造により噴射粒径の最小化と均一化を実現し、 より高いNOx浄化を可能としました。

尿素ポンプは独自の制御機構により高い応答性と低流量域から高流量域まで安定した噴射性能を有しています。

噴射ノズルは内製化のため適応車種、用途に応じた最適な噴射ノズルを提供します。

ureascr_img02

NOx低減メカニズム

ディーゼルエンジンの排気ガス中に還元剤(尿素水)を噴射し、排気ガスに含まれる NOx(窒素酸化物)をN2(窒素)、H2O(水)などに変換し無害化する装置です。ACRでは尿素SCRシステム+SCR触媒のセット。 また、尿素SCRシステム単体でもご提供いたします。
ureascr_img03
ureascr_img04

ACRエアーレス尿素噴射システムの基本仕様

項目 仕様
尿素水噴射量 Max.150ml/min @700kPa
噴射粒径 <75μm (最小粒径30μmまで製作可能)
噴射角度 40~60°
加熱方式 エンジンクーラント循環
ポンプの使用環境温度 -30~70℃
電源電圧 24V
通信インタフェース CAN
制御方式 PWM
寸法(L × W × H) 尿素ポンプユニット(170 × 170 × 100㎜)
尿素ポンプから噴射ノズルまでの長さ <10m
適応車種 小型ディーゼルエンジン / 中・大型ディーゼルエンジン
使用寿命(目安) 尿素ポンプユニット 30,000hr
噴射ノズル 24,000hr

最新ディーゼル車後処理装置

ACRでは尿素噴射システムに加え、酸化触媒、DPF、SCR、AMOXなどの各種触媒もご提供いたします。
ureascr_img05

各種SCR触媒の特性

ureascr_img06

お客様のご要求に応じ、
最適なSCR触媒をご提供いたします。

バナジウム系SCR 銅系SCR 鉄系SCR 銅鉄系SCR
活性物質 V2O2 Cu-Zeolite Fe-Zeolite Cu,Fe-Zeolite
低温活性
耐熱性
対硫黄