排気ガスソリューションとエネルギー活用技術を提供する 株式会社 ACR

黒煙・白煙・臭気対策装置Soot / unburned fuel / odor reduction device

病院、商業施設、下水ポンプ場などの非常用発電施設で使用されているディーゼルエンジンの黒煙や白煙、臭気を浄化するシステムです。

病院、商業施設、下水ポンプ場などの非常用ディーゼル発電機は、毎月1回の管理運転が義務付けられていますが、管理運転の起動時および低負荷運転時には黒煙、白煙及び臭気を多量に排出することがあります。
この排出ガスには健康被害(喘息、肺がん等)を起こさせる物質が含まれており問題視されています。
ACRでは自動車用排気ガス浄化装置で実績のあるDPFや酸化触媒を組み合わせて最適な装置の提供を行っています。
【1】商業施設の非常用発電機:「発電機用DPF」

【2】河川ポンプ場ディーゼルエンジン
ポンプ場A 開始直後
ポンプ場A 開始直後
ポンプ場B 開始直後
ポンプ場B 開始直後
ポンプ場C 開始直後
ポンプ場C 開始直後

icon_04システム

ディーゼルエンジンの起動時に排出される黒煙および白煙、また臭気の原因物質を強制再生式DPFの技術と酸化触媒により低減する装置です。
(1)エンジン始動前に予め電熱フィルタに通電し予熱を行います。
(2)エンジン始動時に発生する黒煙を電熱フィルタで捕集し強制再生を行います。また、強制再生と同時に排気ガスの温度を上昇させます。
(3)加熱された排気ガス中の白煙(HC)や臭気成分を酸化触媒で酸化触媒で再生させます。
soot_img10