排気ガスソリューションとエネルギー活用技術を提供する 株式会社 ACR

除染技術開発

ned_logo
ACRでは重金属吸着特性を有し汚染土壌の浄化に有効な磁性ゼオライトを短時間で安価に製造する工法を開発しました。
磁性ゼオライトの低コスト量産工法の確立はNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)におけるイノベーション実用化ベンチャー支援事業」です。

磁性ゼオライトとは

磁性ゼオライトとは石炭焼却灰とマグネタイトを原料として生成された人工ゼオライトです。
放射性セシウムと同じ大きさの孔隙間が無数に存在した結晶構造を持ち、セシウムに対して物理的に高い吸着機能をもっています。
また、他の人工ゼオライトと同様に陽イオン交換機能を併せ持ち、セシウムに対して特異的選択吸着特性をもっています。
汚染水や汚染土壌中の有害物質を磁性ゼオライトに吸着させ、磁力を用いて有害物質を吸着した磁性ゼオライトのみ選択的回収する事が可能です。 これにより農地再生や汚染土壌の減溶化などに最適です。

zeolite_img02
石炭焼却灰
zeolite_img03
人工ゼオライト
図3
磁性ゼオライトの結晶構造
DSCF3060
磁性ゼオライト
DSCF3062
磁石に付着した磁性ゼオライト

磁性ゼオライトの用途

磁性ゼオライトの結晶孔隙は放射性物質であるCs(セシウム)と同じ大きさの孔隙です。その為、Csに対しては特異選択吸着特性をもっています。
Csの吸着では放射性物質の付着した土壌の減量化、下水汚泥の除染、河川、湖沼、海洋の底質の除染に期待され注目を集めています。
また、重金属の多い土壌から重金属のみを選別して土壌を改良するなどに適しています。

〔人口ゼオライト製品について〕

人工ゼオライトの製造

一般の設備では反応時間が24時間と長く、生産性の改善が必要とされています。 decontamination_img01 decontamination_img021