排気ガスソリューションとエネルギー活用技術を提供する 株式会社 ACR

レンジエクステンダーEV開発長距離運行、省エネ、低コスト、低騒音なレンジエクステンダーEVの開発

レンジ・エクステンダーEVとは

electronics_img01「レンジエクステンダーEV」とは名前のとおり、発電用エンジンを搭載し航続距離を延ばす事が可能なEVのことです。現在の市販EVは航続可能距離が短いことが課題とされ、レンジエクステンダーがその解決策のひとつとされ注目されています。
ACRではレンジエクステンダーEVの駆動コンポーネントとして高効率な駆動モーターと統合型双方向型インバーターユニットの開発に取り組んでいます。
ned_logoレンジエクステンダーEVの開発はNEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)における「 エネルギー・地球環境問題の解決」また、「産業技術の国際競争力の強化」つとされ「省エネルギー革新技術開発事業」および「戦略的省エネルギー技術革新プログラム」の採択を受けています。
項目取付位置及び個数種類定格電圧
(V)
最高出力/回転数
kW/rpm
定格出力/回転数
kW/rpm
最大トルク/回転数
N・m/rpm
冷却方式
タイプHEV 床下1個 直流ブラシレス電動機 400V 30kW/8450rpm 15kW/8450rpm 60Nm/2000rpm 水冷
electronics_img02

統合型双方向型インバーターユニット

項目 タイプHEV
電源 バス電圧 300V系 0V(280V)-420V
制御電源 DC12V (9V-24V)
サンプル供給時期(パワーユニット) 2015年7月 (ES)
インバータ冷却 水冷式
条件:入口温度60℃以下/流量 6L/min以上
電動機側
インバータ
モータ形式 永久磁石式3相同期モータ(IPM、SPM)
出力電力 20kW(定格)/30KW(瞬時)
最大電流 140Arms
SW素子絶対最大電圧/電流 600V/300A
制御方式 正弦波電流ベクトル制御
電動機運転 / 回生運転
位置センサー レゾルバ
(多摩川精機㈱殿製)対応
発電機側
インバータ
出力電力 20kW(定格)/30KW(瞬時)
最大電流 140Arms
SW素子絶対最大電圧/電流 600V/300A
制御方式 正弦波電流ベクトル制御
電動機運転 / 発電運転
位置センサー レゾルバ
(多摩川精機㈱殿製)対応
通信/制御 モニター/システム制御通信 CAN通信
(専用ツール必要 / ID非公開)
パラメータ設定モニタ通信 RS-232C通信
(オプション仕様)
制御 I/F アナログ 6ch / SW入力 8ch
制御指令(カスタム仕様) CAN通信指示
ON-OFF / Id軸電流指示 / Iq軸電流指示 / 進角

環境対応自動車の分類

環境対応自動車の動力は①エンジンのみ。②モーター+エンジン(ハイブリット)。③モーターのみの3種類。が主力です。 電気システム(特にバッテリー)が多くなると車両コストが高くなり普及の足かせとなっています。 また、ハイブリットは電気エネルギーの使用割合が多いものから少ないものまで存在しています。 電気エネルギーの使用割合が多いほど環境負荷が少なく経済的です。
1)車両コスト
レンジエクステンダーEVは車両コスト的にユーザーメリット高い。
electronics_img03
2)使用エネルギー
レンジエクステンダーEVはエネルギー効率が高い。
electronics_img04