アルミ溶湯用フィルタ

ACRのアルミ溶湯用フィルタは、アルミニウム溶解及び鋳造製品を生産するお客様に純度の高いアルミニウム溶湯を提供する最新のセラミックスフォームフィルタ(CFF)です。

アルミ溶湯用フィルタ

特長

  • オープンホールメッシュ構造を採用しているためアルミニウム溶湯に存在する不純物を効率よく、ろ過することができます。
  • 低熱膨張、低弾性率のカイアナイト耐火材を主成分としているため、鋳造時の熱膨張や亀裂、破損等に優れた耐性があります。
  • 特殊バインダーを用いており、アルミ溶解に対して化学安定性が高いです。
  • 高活性マグネシウムの腐食に優れた耐性があり、マグネシウム含有アルミニウム合金溶解物のろ過に適しています。
  • 膨張可能なガスケットを備えているため、ろ過の時フィルターが浮上するのを効果的に防ぐことができます。
  • 独自の切断工法により、従来工法に比べ寸法精度ははるかに高くなっています。

CFFの基本構造

設置用途

集中溶解炉、連続溶解保持炉、個別溶解保持炉などの汲出し槽への設置

仕様

項目 仕様
材質 ホウ酸結合アルミノケイ酸塩粒子
見掛け密度 2.95g/㎤
熱膨張係数 5.33×10⁻⁶/℃
マクロ気孔率 70~80%
標準ガスケット 480℃で膨張可能なガスケット
ガスケットの厚さ 5±1mm
フィルタープレートの長さ / 幅の許容公差 ±3.2mm
フィルタープレートの厚さ 50±2.4mm

▲ 上記の表はスクロールして内容をご確認いただけます。

サイズ

お客様の様々なアプリケーションを満たすことができます。

  • サイズは305mm(12“)、381mm(15”)、432mm(17“)、508mm(20“)、584mm(23“)、660mm(26”)など
  • 孔径は20、30、40、50、60ppiなど

CONTACT お問い合わせ

ACRFy[W̐擪ɖ߂